のんびりとヨーロッパの旅 Next ブログトップ
前の10件 | -

アポロンの間 [のんびりとヨーロッパの旅 Next]

    ルーヴル美術館には、企画展も行われています。

   


  そのうちの一つ、アポロンの間を訪れてみたいと思います。



            ルーヴル美術館(91).jpg




      最初にルーヴル美術館に訪れた時は、この、アポロンの間は閉鎖されていたので、開いているのは嬉しい限りです。




            ルーヴル美術館(92).jpg




            ルーヴル美術館(93).jpg




         ↑   昔のフランスの貴族が使っていた机でしょうか・・・




            ルーヴル美術館(94).jpg




            ルーヴル美術館(95).jpg



          ↑   注ぎ口が、鳥の口の形になっているのは面白いですね。 




            ルーヴル美術館(96).jpg




            ルーヴル美術館(97).jpg




            ルーヴル美術館(98).jpg



            ルーヴル美術館(99).jpg



            ルーヴル美術館(100).jpg




      ↑   クリスタルで出来た、美しい工芸品の数々には、目を引かれます。









nice!(368)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

ルーヴル美術館のお土産コーナー [のんびりとヨーロッパの旅 Next]

     チョット一息? ルーヴル美術館のお土産コーナーをのぞいてみることに・・・





            ルーヴル美術館(81).jpg




            ルーヴル美術館(82).jpg



               ↑   モナリザの絵が描かれたエプロン



            ルーヴル美術館(83).jpg



            ルーヴル美術館(84).jpg




       ↑   モナリザの絵が描かれたTシャッツ  記念に買い求めました。




    お土産コーナーを出ると・・・




            ルーヴル美術館(85).jpg



            ルーヴル美術館(86).jpg



       ↑   「ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠」 ジャック=ルイ・ダヴィッド作



     ジョセフィーヌと言えば、ついこの間、プリキュアでも(名前が)出てきました(笑) 




            ルーヴル美術館(87).jpg



            ルーヴル美術館(88).jpg


            ルーヴル美術館(89).jpg


            ルーヴル美術館(90).jpg




     ↑    二階から望遠レンズで、色々な角度から撮影した、サモトラケのニケです。


      この、サモトラケのニケを撮影するのに、アメリカ人の団体様ご一行に占領されて、30分位かかってやっと撮れました。








nice!(383)  コメント(28) 
共通テーマ:旅行

フランス絵画 [のんびりとヨーロッパの旅 Next]

     ルーヴル美術館のフランス絵画のブースに移動しようと思います。





             ルーヴル美術館(71).jpg





             ルーヴル美術館(72).jpg


     

            ↑       「聖カエキリアと譜面を持つ天使」



                    コントラバスでしょうか・・・



             ルーヴル美術館(73).jpg




        ↑    そして、またルーヴル美術館の外を眺めると、フォンテーヌブロー宮殿の階段に似たものが見えました。




             ルーヴル美術館(74).jpg



             ルーヴル美術館(75).jpg



             ルーヴル美術館(76).jpg




           ↑   「民衆を導く自由の女神」  ウジェーヌ・ドラクロワ作


     

      フランス絵画の代表作とも言える作品ですね。



             


             ルーヴル美術館(79).jpg


             ルーヴル美術館(77).jpg




                 ↑    メデューズ号の筏



             ルーヴル美術館(78).jpg



          ↑   「戦場から去る負傷した胸甲騎兵士官」  テオドール・ジュリコ作



             



             ルーヴル美術館(80).jpg





      フランス絵画は大きい物が多いので、見応えがあります。




                                             「晴」




マンガでわかるルーヴル美術館の見かた: 西洋絵画がもっと愉しくなる!

マンガでわかるルーヴル美術館の見かた: 西洋絵画がもっと愉しくなる!

  • 出版社/メーカー: 誠文堂新光社
  • 発売日: 2019/12/03
  • メディア: 単行本

 

nice!(408)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行

宗教画 [のんびりとヨーロッパの旅 Next]

     ルーヴル美術館の回廊には、沢山の宗教画が飾られています。




            ルーヴル美術館(61).jpg



            ルーヴル美術館(62).jpg



        

                   ↑   回廊の風景



            ルーヴル美術館(63).jpg




            ルーヴル美術館(64).jpg




            ルーヴル美術館(65).jpg




            ルーヴル美術館(66).jpg




         ↑   窓の間から、外を眺めると、良い天気になっていました。



   

             

            ルーヴル美術館(67).jpg



            ルーヴル美術館(68).jpg




         ↑   上の絵の犬の部分をアップしてみました。 カワイイワンちゃんですね。




            ルーヴル美術館(69).jpg




            ルーヴル美術館(70).jpg





       ↑   「蚤を捕る少年」   この絵は、日本の美術館でも見たことがあります。




                                                                                                                                 「晴」





nice!(448)  コメント(34) 
共通テーマ:旅行

モナ・リザ [のんびりとヨーロッパの旅 Next]

      階段を上っていって、回廊にある、部屋に入ると・・・




  


           ルーヴル美術館(51).jpg





           ↑    レオナルドダビンチ作 「モナ・リザ」です。



           

           ルーヴル美術館(52).jpg



           ルーヴル美術館(53).jpg




          ↑    この様に、絵は防弾ガラスの中に収められています。



            

           ルーヴル美術館(54).jpg




       

           ルーヴル美術館(55).jpg




        ↑    モナ・リザの反対側には、カナの婚礼が・・・



     モナ・リザと比べると、かなり大きい絵です。




           ルーヴル美術館(56).jpg





    ↑    モナ・リザをもう一度・・・ もの凄い人だかりで、大変人気なのがわかります。 この様な状態なので、もちろんスリも多いですし、写真を撮るのも大変です。




           ルーヴル美術館(57).jpg




             ↑   休憩のための椅子も置いてあります。



           ルーヴル美術館(58).jpg




         ↑   回廊では、学生達が今度は、絵の勉強をしていました。




           ルーヴル美術館(59).jpg



      

                ↑   天井もステキです。 



           ルーヴル美術館(60).jpg




           ↑   似た様な回廊が多くあるので、結構迷ってきます。




                                                                                                                                「雨」





nice!(383)  コメント(38) 
共通テーマ:旅行

ドゥノン翼へ [のんびりとヨーロッパの旅 Next]

     ミロのヴィーナスを鑑賞した後は、ドゥノン翼の方へ向かおうと思います。





            ルーヴル美術館(41).jpg




            ルーヴル美術館(42).jpg




            ルーヴル美術館(43).jpg



       ↑   ルーヴル美術館の外を眺めると、素晴らしく良いお天気になってきました。



            ルーヴル美術館(44).jpg



              ↑   再び、ナポレオンホールへ戻ります。



            ルーヴル美術館(45).jpg




                ↑    ドゥノン翼への看板




            ルーヴル美術館(46).jpg




            ルーヴル美術館(47).jpg



            ルーヴル美術館(48).jpg




             ↑   ミケランジェロ作  「瀕死の奴隷」



            ルーヴル美術館(49).jpg




        ↑    野球の原型かと思いや、棍棒で魔物をやっつける彫刻ですね。




            ルーヴル美術館(50).jpg




               ↑    この門はかなり大きいです。



                               

                                                                                                                                「雨」





nice!(375)  コメント(20) 
共通テーマ:旅行

ミロのヴィーナス [のんびりとヨーロッパの旅 Next]

     ハムラビ法典をゆっくりと鑑賞した後は、ルーヴル美術館の有名な所蔵品を見て回ろうと思います。






              ルーヴル美術館(30).jpg




        ↑   小学生でしょうか・・・ ルーヴル美術館内で勉強している姿がありました。




              ルーヴル美術館(31).jpg




              ルーヴル美術館(32).jpg




              ルーヴル美術館(33).jpg




              ルーヴル美術館(34).jpg




       ↑    一旦、ナポレオンホールへ出ます。 アサルトライフルを持った軍隊が警備していました。



              ルーヴル美術館(35).jpg




              ルーヴル美術館(36).jpg




                 ↑    ミロのヴィーナスです。




              ルーヴル美術館(37).jpg




              ルーヴル美術館(38).jpg




         ↑   有名な作品のせいもあって、人だかりもしてきましたが、色々な角度からミロのヴィーナスを鑑賞出来るのは良いですね。




              ルーヴル美術館(39).jpg



              ルーヴル美術館(40).jpg





                                                                                                                                     「雨」





nice!(383)  コメント(26) 
共通テーマ:旅行

ハムラビ法典 [のんびりとヨーロッパの旅 Next]

     今回は特に、今まで見ていなかった、見て見たい物がある・・・ と前記事から述べていますが、それは・・・





            ルーヴル美術館(20).jpg




                ↑    これではありませんよ!




            ルーヴル美術館(21).jpg




            ↑    ようやく、今回特に見たかった物に到着です。




            ルーヴル美術館(22).jpg




            ルーヴル美術館(23).jpg




            ルーヴル美術館(24).jpg




       ↑   あの、目には目を歯には歯を・・・ で有名な、ハムラビ法典です。



     某大学法学部教授様が、ルーヴル美術館にハムラビ法典がありますが、中々たどり着けないとおっしゃっていたのを思い出します。



   独占的にこれだけ、色々な角度から、ハムラビ法典を見られるのは、流石ルーヴル美術館といったところでしょうか・・・


    最も、先客の方がいらっしゃいまして(中国人夫婦)、その方がいなくなるまで30分は待ちましたけれど・・・





             ルーヴル美術館(25).jpg





              ↑    ハムラビ法典を色々な角度から・・・




    *ハムラビ法典とは*


  古代オリエント美術 ハムラビ法典はメソポタミア文明の象徴。 玄武岩製の背の高い碑 聖書の法律以前に作られた古代の歴史的著作と法令集  パビロニオンの王ハムラビによって建てられた。 文書は楔形文字とアッカド語で書かれている。


  「目には目を歯には歯を」の条項に、医者が手術中または術後に相手を死なせた場合、その医者の手を切り落とすとあり、この法律だと、医者は治療に失敗した時に裁かれるということです。







   これで、一番見たかった物は見終えてしまいましたが、まだまだ、魅力がある美術館です。 ゆっくり色々な作品に触れていきます。






             ルーヴル美術館(26).jpg





             ルーヴル美術館(27).jpg




             ルーヴル美術館(28).jpg



             ルーヴル美術館(29).jpg




       ↑    これはライオンでしょうか・・・ カワイイお顔をしています。




                                            「雨」






nice!(400)  コメント(24) 
共通テーマ:旅行

リシュリュー翼 [のんびりとヨーロッパの旅 Next]

     膨大な作品の所蔵数を誇る、ルーヴル美術館ですが、なるべく順序を考えて回った方が効率が良いです。


    今回は特にリシュリュー翼に用事!? があったので、リシュリュー翼に向かいます。





            ルーヴル美術館(11).jpg




                ↑    リシュリュー翼入口です。




            ルーヴル美術館(10).jpg




            ルーヴル美術館(12).jpg





            ルーヴル美術館(13).jpg




            ルーヴル美術館(14).jpg



            ルーヴル美術館(15).jpg



            ルーヴル美術館(16).jpg




        ↑    ルーヴル美術館の中庭に相当する場所です。 とにかく、リシュリュー翼は像が多いです。




            ルーヴル美術館(17).jpg




            ルーヴル美術館(18).jpg




            ルーヴル美術館(19).jpg




       ↑    リシュリュー翼に来たのはある、まだ見ていない物を見るためなのですが、結構先は長いです。









nice!(372)  コメント(20) 
共通テーマ:旅行

早朝のルーヴル美術館へ [のんびりとヨーロッパの旅 Next]

         Le Café Marly (ル・カフェ・マルリー)で朝食を頂いた後は、やはりルーヴル美術館を鑑賞に訪れたいものです。





      

            ルーヴル美術館(1).jpg




        ↑    まだ、早いせいか、並んでいる人もまばらです。




            ルーヴル美術館(2).jpg




       ↑   カーゼル凱旋門  ここからもルーヴル美術館に入れます。 元の凱旋門はこれだったらしいのですが、ナポレオンボナパルトが小さすぎると言って、今の凱旋門になったという逸話があります。




           

            ルーヴル美術館(3).jpg




        ↑   騎馬像 これは、映画キラキラ☆プリキュアアラモードに出てきます。




            

            ルーヴル美術館(4).jpg





               ↑    記念撮影している人もいました。




            ルーヴル美術館(5).jpg




        ↑   それでは、ルーヴル美術館の中に入ります。 中では、セキュリティーチエックが行われているので、金属類は別に持ち、検査に備えます。 


    余談ですが、ルーヴル美術館入り口の近くで、ペットボトル入りの水を1€で、売っている怪しい人がいましたが、誰かがPoliceを呼んだのか、Policeがやって来たと思ったら、あれだけの水を全部かたづけて、どっかに逃走してしまいました・・・ 逃げ足の速さに圧倒されてしまいました。





             ルーヴル美術館(6).jpg





         ↑    ルーヴル美術館の中に入りました。 でも、昔と違って、チケットマシーンがありません。




             

             ルーヴル美術館(7).jpg





         ↑    でも、よく見渡すと、Tickets と書いてあるコーナーが目に入りました。





             ルーヴル美術館(8).jpg




          チケットはマシーンで購入出来ます。 上記の写真の通り、フランス語・英語・スペイン語・イタリア語・ドイツ語・日本語が選択出来るので、日本語を選択すれば、簡単にチケットを購入することができます。




             ルーヴル美術館(9).jpg





         ↑   朝もやもすっかりとれて良い天気になってきました。











nice!(388)  コメント(28) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - のんびりとヨーロッパの旅 Next ブログトップ