ハムラビ法典 [のんびりとヨーロッパの旅 Next]

     今回は特に、今まで見ていなかった、見て見たい物がある・・・ と前記事から述べていますが、それは・・・





            ルーヴル美術館(20).jpg




                ↑    これではありませんよ!




            ルーヴル美術館(21).jpg




            ↑    ようやく、今回特に見たかった物に到着です。




            ルーヴル美術館(22).jpg




            ルーヴル美術館(23).jpg




            ルーヴル美術館(24).jpg




       ↑   あの、目には目を歯には歯を・・・ で有名な、ハムラビ法典です。



     某大学法学部教授様が、ルーヴル美術館にハムラビ法典がありますが、中々たどり着けないとおっしゃっていたのを思い出します。



   独占的にこれだけ、色々な角度から、ハムラビ法典を見られるのは、流石ルーヴル美術館といったところでしょうか・・・


    最も、先客の方がいらっしゃいまして(中国人夫婦)、その方がいなくなるまで30分は待ちましたけれど・・・





             ルーヴル美術館(25).jpg





              ↑    ハムラビ法典を色々な角度から・・・




    *ハムラビ法典とは*


  古代オリエント美術 ハムラビ法典はメソポタミア文明の象徴。 玄武岩製の背の高い碑 聖書の法律以前に作られた古代の歴史的著作と法令集  パビロニオンの王ハムラビによって建てられた。 文書は楔形文字とアッカド語で書かれている。


  「目には目を歯には歯を」の条項に、医者が手術中または術後に相手を死なせた場合、その医者の手を切り落とすとあり、この法律だと、医者は治療に失敗した時に裁かれるということです。







   これで、一番見たかった物は見終えてしまいましたが、まだまだ、魅力がある美術館です。 ゆっくり色々な作品に触れていきます。






             ルーヴル美術館(26).jpg





             ルーヴル美術館(27).jpg




             ルーヴル美術館(28).jpg



             ルーヴル美術館(29).jpg




       ↑    これはライオンでしょうか・・・ カワイイお顔をしています。




                                            「雨」






nice!(400)  コメント(24) 
共通テーマ:旅行

nice! 400

コメント 24

コメントの受付は締め切りました
萌田かずきち

ハムラビ法典の写真ありがとうございます。
考古学ファンの自分にとって、とても嬉しい記事です(*´ω`*)。
by 萌田かずきち (2020-10-01 03:25) 

johncomeback

ネオ・アッキー さん おはようございます。
拙ブログへのコメントありがとうございます。
ハムラビ法典ですか、世界史で学びましたね。
実物を間近で見られるとは流石はルーブル美術館ですね。

by johncomeback (2020-10-01 05:50) 

青い森のヨッチン

当時の医者は命がけの治療をさせられていたのですね
身分的にはそれほど高い職業ではなかったのかなぁ?
by 青い森のヨッチン (2020-10-01 10:54) 

そら

ハムラビ法典が目的だったのですね!色々な角度から見せて下さってありがとうございます!この時代に医者になっては駄目ですね。いやでもこの気持ちは大事ですよね。とっても素敵過ぎてルーブルにたまらなく行きたくなりました。ライオンのお顔が可愛いです。
素敵な案内をありがとうございます。気付いてなかった魅力を堪能しました。
by そら (2020-10-01 17:07) 

JUNKO

さすがルーブルですね。持っているものが違います。
by JUNKO (2020-10-01 17:14) 

coco030705

こんばんは。
ハムラビ法典は玄武岩製だったんですね!知りませんでした。
後世に残すことを考えてつくられたのですね。すごいなぁ。
みてみたくなりました。
by coco030705 (2020-10-01 22:33) 

溺愛猫的女人

立体で見たのは初めてです。素晴らしい写真をありがとうございます。
by 溺愛猫的女人 (2020-10-01 23:13) 

okko

ハンムラビ法典じゃなかったかなぁ。ハムラビじゃなくて。
コロナで海外旅行もまだまだ当分無理みたいですね。
by okko (2020-10-03 11:53) 

ネオ・アッキー

萌田かずきちさんnice!&コメント真にありがとうございます!
考古学ファンだったのですね。 喜んで頂けて嬉しいです。
by ネオ・アッキー (2020-10-03 22:16) 

ネオ・アッキー

johncomebackさんnice!&コメント真にありがとうございます!
私も世界史で学びました。 法学部の学生にとっては、大事な内容のようです。 今まで見逃していましたが、やっと見ることが出来、感激しました。
by ネオ・アッキー (2020-10-03 22:18) 

ネオ・アッキー

青い森のヨッチンさんnice!&コメント真にありがとうございます!
そのようですね。 命を預かっているのですから、当然といえば当然だったのでしょうが、現代人にとっては、厳しすぎる法律に感じるでしょうね。 当時の身分は自由人と奴隷にわかれていたようです。
by ネオ・アッキー (2020-10-03 22:20) 

ネオ・アッキー

そらさんnice!&コメント真にありがとうございます!
今回は是非見てみたいと思っておりました。 厳しい法律にも感じましたが、その位の真剣さは必要かと思いながら、ライオンのお顔に少し癒やされました。 次回からも楽しみにしていて下さいね。
by ネオ・アッキー (2020-10-03 22:22) 

ネオ・アッキー

JUNKOさんnice!&コメント真にありがとうございます!
本当ですね。 おかげでオリエント文明を学ぶことが出来ました。
by ネオ・アッキー (2020-10-03 22:24) 

ネオ・アッキー

coco030705さんnice!&コメント真にありがとうございます!
こうして、後生に残っているのが凄いですね。
by ネオ・アッキー (2020-10-03 22:26) 

ネオ・アッキー

溺愛猫的女人さんnice!&コメント真にありがとうございます!
教科書で良く見る写真とは違って、立体的な写真が撮れて良かったと思っています。
by ネオ・アッキー (2020-10-03 22:28) 

ネオ・アッキー

okkoさんコメントありがとうございます!
英語では、Code of Hammurabi と書くようですね。 世界史ではハムラビ法典と習っています。 フランスへの渡航は、日本の外務省から中止勧告が出ているので難しいです。
by ネオ・アッキー (2020-10-03 22:30) 

rannyan

フランスに関係のある学者が発掘したのでしょうか
出土品を現地に戻そうという声もありますが政情不安定な
所だと失われる可能性もありますしね..
古代の人々の生活、興味津々です^^
by rannyan (2020-10-04 12:06) 

pn

今でも失敗したら償わせるべき!
by pn (2020-10-04 21:49) 

岩崎ナギ

これが有名なハムラビ法典。
形としても歴史の為せる業か、
そもそもなのか、
湾曲していて美しいですね。
by 岩崎ナギ (2020-10-05 21:21) 

yokomi

戦国時代でしょうか、敵城主の一族郎党女子供まで殺戮していた事もあったようですが、お国が違えばハムラビ法典違反になるのかも(^_^;)
by yokomi (2020-10-06 15:50) 

ネオ・アッキー

rannyanさんnice!&コメント真にありがとうございます!
フランスに関係のある方が、発掘したかどうかはわかりませんが、大英博物館では、発掘した物を、アフリカから返還要求が出て、返している物もありますね。 古代の文明にはロマンを感じますね。
by ネオ・アッキー (2020-10-09 05:32) 

ネオ・アッキー

pnさんnice!&コメント真にありがとうございます!
同感です。 本心はつぐなって欲しい、切実な問題です。
by ネオ・アッキー (2020-10-09 05:34) 

ネオ・アッキー

岩崎ナギさんnice!&コメント真にありがとうございます!
元々、湾曲していたものか、碑の経過と共に曲がったものか・・・? 確かに美しい形状をしていますね。
by ネオ・アッキー (2020-10-09 05:36) 

ネオ・アッキー

yokomiさんnice!&コメント真にありがとうございます!
日本では、一族郎党女子供まで殺戮していた時代もありましたね。 反撃を恐れてのことなのでしょうか・・・ そのような解釈になるかも知れませんね。
by ネオ・アッキー (2020-10-09 05:38)